認知機能検査MoCA-Jサービス

MoCA-Jサービス

MoCA-Jとは

MoCA-Jグラフサービス

MoCA-Jグラフとは

MoCA-Jサービスの流れ

MoCA-Jサービス導入メリット

MoCA-Jサービスの比較ポイント

MoCA-Jサービスの費用

よくあるお問い合わせ

質問1:この認知機能検査MoCA-Jとはどんな検査ですか?
回答1:MCI(軽度認知障害)のスクリーニング検査です。【検査の内容】【検査のマニュアルや採点方法

MoCA-J(※)は、MoCA(Montreal Cognitive Assessment)の日本語版になり、多領域の認知機能(注意機能、集中力、実行機能、記憶、言語、視空間認知、概念的思考、計算、見当識)について、約 10 分という短い時間で評価することができます。合計で30点満点であり、26点以上が健常範囲と考えられています。MMSEよりもMoCA-Jのほうが糖尿病による認知機能の低下を検出しやすいとされています。

※MoCA-J:東京都健康長寿医療センター研究所「作成:鈴木宏幸、監修:藤原佳典」


質問2:タブレットの入力や操作に慣れていなくても検査できますか?
回答2:検査できます。当サービスは「手書き入力」にも対応しております。

当検査サービスには「入力モード」と「手書きモード」の2つのモードを用意しております。そのため、タブレットの入力に慣れている方も慣れていない方も適切な検査が可能です。


質問3:検査実施から結果が来るまで何日ぐらいかかりますか?
回答3:混み具合にもよりますが、おおよそ1週間とお考えください。

当検査サービスの採点は、間違えが無いようにベリファイルールを適用し2名体制で採点しております。今後は画像解析ソフトを利用して精度を高めて参ります。


質問4:導入に際して必要な「物」を教えてください。
回答4:インターネット環境とPC/タブレット/スマートフォン等の端末となります。

手書き問題があるので、PCの場合はペンタブがあると検査しやすいと思います。初期導入費用は規模にもよりますが、おおよそ3万円とお考えください。


質問5:導入に際して必要な「事」を教えてください。
回答5:資料請求⇒【弊社】御社ヒアリング打ち合わせ⇒申込⇒契約の流れとなります。

まずは資料請求を行って頂ければ、メールにてサービス説明書とご説明の日程調整をさせて頂きます。ご説明の場で、気になる箇所はご質問等頂ければと思います。まずは資料請求からお気軽にお申込みください。


質問6:請求フローについて教えてください。
回答6:末日までの月内のMoCA-J検査回数+MoCA-Graph導入施設数で請求を行います。

月末締めで当月のMoCA-J検査回数とMoCA-Graph利用施設を確定し、請求いたします。翌月末に請求額をお支払ください。


質問7:サービスのサポート体制はどうなっていますか?
回答7:平日10時~17時までお電話またはメールにてシステムの保守および運営を行います。

専門スタッフが丁寧にお応えいたします。


質問8:医療機関の検査費用と比べて、なぜこんなに安いのですか?
回答8:画像解析処理を駆使し、できるだけ人の手を介さないようにコストダウンを行っております。

お医者様の時間・場所・価値から考えますと医療機関での検査費用は妥当だと考えます。当サービスは、人の手を介さず忠実に検査が受けられるようにシステムを工夫しており、また、採点には画像解析処理を駆使し精度向上とコストダウンを行っております。ただ一定の精度を保つ為に専門スタッフは常に配置しております。


資料請求

資料請求や、ご不明な点があれば以下よりお問い合わせください。
問い合わせメールを送信
お問い合わせが管理者に送信されました。
お問い合わせが管理者に届きませんでした。大変お手数ですがinfo@bspr.co.jpまでご連絡ください。